He is my Shepherd.


by YFA15904
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

強い涙

とっても強そうに見えた。

のり工場も失って、全財産かけて建てた家も半壊。

それでもとっても明るくしている佐藤さんは、とっても強く見えた。

でも、一言一言話し始めて目に涙があふれてきた。

この命があれば希望はいつでもあるって信じてまっていた。 

そうしたらSamaritan's Purseの名刺がはいっていたんだよ。 

そして家の修繕大作戦がはじまった。 


どんなおもいが心にあったのかわからないけど、

強い強い人の涙は

弱い僕達の弱さに宿る強さのしずくだね。 

話の最後に一緒に祈った。 

いつも仏壇にささげている祈り。

それを今日は大きな空の下で一緒に祈った。 

最後に一緒に あーめん って言ってくれた時

強い強い佐藤さんの心の修繕大作戦もきっと動きはじめたよ。 
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-27 21:51

朝めざめた時に

与えられてるいのちを


あなたにささげます

でも休憩時間は一緒に遊ぼうね
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-27 06:16

レスペクト

怒りと優しさ

それが同居した時

それはあなたのあいのおかげだよ


畏れと安心

ジーザス、それが僕があなたに抱く

respect
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-18 22:26

寺沢さん

もう少しで寺沢さんの家が終わる。 

熱が出ちゃったって。 

それが気になる。


家がなおっていく過程で少しづつ

顔に元気が出てきたのが嬉しい。


暇があると結構寺沢さん一家の事を考えている。




これがほしかった。

別に何かをやってのけたかったわけじゃない。

別に助けなきゃって強い気持ちがあったわけじゃない。

別に俺に何ができるって自信があったわけじゃない。 

別に誰かに自慢できるような偉い理由があったわけじゃない。



他人でいたくなかったんだ。 

心に彼らを思う気持ちがほしかった。

偽のお祈りをしていたくなかった。   



やっと神様が大きな愛で小さな愛を、僕の心に植えつけてくれた。 

だからそれを大切にして、

もし僕に何もできなかったとしても、

愛する彼らと

痛んだ彼らと

共にいれる幸せをかみしめて、

少しでも前に進めた喜びを

一緒に笑う事はできそうだよ 
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-15 21:15

お風呂

休日に、漫画を買った。 

そして銭湯にでもいってゆっくり読もうと思って、港湯を見つけた。 

でもつぶれてた。 

そしたらその隣の家からおばあちゃんが出てきて、

「うちで風呂はいるか?」ってきいてくれた。 

遠慮もくそも忘れた僕は喜んでreceiveした。 

おじいちゃんが車で迎えに来て、家まで連れて行ってくれた。

おふろをすぐに沸かせてくれて、

ゆっくりはいれ!って言ってくれた。 

薬湯だった。 


入りたかったのは、大きな湯船。

出会ったのは、大きな心。

小さな優しさは

何よりもあったかく、何よりもいやす、

忘れられないお湯っすね。 

お風呂のあとは3人で仲良く、

女子サッカーの日本代表を応援しました。 
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-10 07:03

ほほう

すべてが奪われても、

すべてが失せてしまっても、

なにもかも、消えてしまっても

            残った美しさ。 

やっぱりね、一生懸命生きるみんなが美しいよね。

神様の最高傑作。 

そんな土台に、

希望の家をたてていこう。
[PR]
by YFA15904 | 2011-09-03 20:45