He is my Shepherd.


by YFA15904
カレンダー

<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

12

頂上は深い霧おおわれ、見る事ができず道は険しくなる

一方でした。 少しつらくなるたびに、前の分かれ道で見た

標識の言葉がちらつき、みんなの顔はどんどん苦しさをまして

行きました。 そんな時でした。

今度は3つの分かれ道に、突き当たりました。

苦しくて気づかなかったのか、もう前の別れ道から2時間も歩いていました。

またそれぞれの道には標識がありこうかかれていました。

一番右「キスぐらいするのは礼儀だろ。いまどきなにをバカなこと言ってんだ。

ほら、してみろって。そうしたら、もっと気持ちも伝わるし、相手の気持ちも確認できるからさ

絶対おまえをみたしてくれるよ


真ん中「よしお前は、セックスしたり相手の体をみだりにさわったりしてない。

そんな事をして、相手を傷つけちゃダメだから、マスターベーションをしなさい。それなら

誰も傷つけないし、お前をpureにたもつのを助けてくれるよ。 誰にも迷惑かけてないんだから

なにもわるい事じゃないよ


一番左「あい

もうここまで来ると、なにが嘘でなにが本当か、見分けをつけるのは簡単でした。 

でもそれにもまして、誘惑はとても大きいものでした。 それにここまで登ってきた

疲れも加わって、なにか一つ崩れればすべてが崩れてしまいそうでした。

自分達のまえには、右の2つの道へ向かった足跡がたくさん残されていました。

まるで磁石にひきよせられるように、みぎの方向へ歩き出そうとした時でした。

左下に、1つの、たった1つの足跡を見ました。 その足跡は、ただまっすぐ

あいの道へと続いていました。 

もう登りきれる自信なんてものはみじんもなかったけど、なんだかその足跡をたどってみたいと

思いました。 もしかしたら 「あの人」 の足跡かもしれないと思ったからでした。 

僕がその道を目指して歩き始めると、何人かが一緒にくるのを感じました。 

そして、他の人々が

「この気ちがい!」と叫んでるのを、後ろにのこし

さらに険しい山道へ向かいました。 続く

[PR]
by yfa15904 | 2009-04-28 16:52

11

せまい道を選んだ一行は、その道が頂上へ続く道である事を確認し、

みんなで、お互いを励ましあいました。暗くなった道もまた明るさを取り戻し、また楽しい道のりが

始まりました。 はじめは気になった岩や石ころも、すぐになれてその道はとっても簡単になっていました。

2時間ぐらい歩いたころでしょうか。 もうみんなは、道がとっても楽なのに安心し、頂上なんて楽勝楽勝

ぐらいに思っているころでした。 突然、まわりに霧がかり、ちょっと先のところに2つの分かれ道が

あるのがかすかに見えました。 今度は二つの道に標識がついていました。

とても狭い道と広い道でした。 狭い道につく標識は霧が深すぎて、読むことができませんでした。

広い道の標識は、とってもおおきくかいてあったので、なんとか読むことができました。

いいよいいよ。脱がしてさわっちゃえよ!別に二人で了解してるんだから。二人が喜んでるのに

誰が文句いう筋合いがあるんだよ。別にセックスするわけじゃないだろ。ほら、相手もそれを

求めてるんだから。


ここまで登ってきたすべての男達は、ふーっ と大きくため息をつきました。

一人二人と、少しずつ、その広い道に歩き始める人がいました。

彼等は仲間のほうは見ずに、下を見て、はじめはのろのろと、ついには走り出してしまいました。

半分は去りました。 残された僕らは、それはそれは本当に本当に痛々しい顔で、

両足を地面にふんばり、せまい道のほうを見ました。 

すると霧が晴れ始め、標識にかかれた文字が見えました。



その標識の意味もはっきりはわからないまま彼等は上を見て歩き始めました。

広い道はよく見るとやっぱり下り坂でした。 そして、その道におおわれた深い霧は

晴れる事はありませんでした。

続く

[PR]
by yfa15904 | 2009-04-24 15:01

10

今日は授業中授業に集中せずに、こんな 終わらない話 を、一人で聞いていました。 

終わりまでは聞かせてくれませんでした。 

男口から入り、山を登り始めました。 たくさんの人が一緒に登っています。 

(これは楽しい山登りになりそうだ!)そうやって、うきうきしました。始まりの道はとっても広く明るく、

みんなで歩くにも、とっても心地がよかったのです。友達もすぐにたくさんできて、

一緒に頂上まで行くのが楽しみでしょうがありませんでした。 

そんな時、急にあたりが暗くなりました。 そして一つの分かれ道にさしかかったのです。 

一つの道はとってもせまく、もう一つの道はとっても広かったです。

そして、せまい道は岩がごろごろしていてあまりたくさんの人が通った事のないような道でした。

広い道には標札が立てられ、こう書かれていました。

「セックスしちゃえよ。 あいしてるんだろ?」

80%の人が、押し合いへしあいその道をえらんでいきました。

その道はよく見たら下り道でした。

あとに残された僕らは、顔を見合わせ、その広い道を見ないように見ないように、重たい足をひきずり、

もう一つの狭い道を選びました。 続く


今回はちゃんとおわらせます。あっ終わらないところまでね。
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-23 13:03

9

男らしく生きる事

女らしく生きる事

それはきっと誰もが願う幸せでしょう。

そうは見えないけど、

ただ、 男らしさ 女らしさ が窮屈になりすぎた人がたくさんいるんじゃないかな。


女性の権利をを主張して、男性を敵対視し、とっても力強く生きている人をたくさん見るようになったのは

最近ではない。

でも誰かを敵対視している時、その人が幸せに見える事はないのです。 

女性の権利には、男性が必要で

男性の権利には、女性が必要だと

わすれてしまうのは簡単です。 

男らしくなるには、女性が必要で

女らしくなるには、男性が必要だと

わすれてしまうのは簡単です。


僕は、本当の女性の強さを、昔の日本女性の美徳であった慎ましさに見ます。 

それはきっと弱さを認めた強さだったからじゃないのかな。

そして実は、男性は女性よりもずっとずっと弱い存在で、

女性の弱さがないと、強くなれません。 

それを忘れた、男の強がりはとっても荒々しくて、たくさんの傷を残します。 


仁 

この字に 人が二人 存在しているのは

この強さの弱さであり、この弱さの強さだね。
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-22 06:18

性 8

女性は男性の興奮をバカにして

男性は女性の興奮をバカにする

女性は男性の夢見がちな挑戦をバカにして

男性は女性のファンタジックなロマンスをバカにする

女性は男性のガンダム好きをバカにして

男性は女性のショッピングをバカにする

女性はなにも会話せずにただゲームをする男性をバカにして

男性はなんの方向性もなくぺちゃくちゃ喋る女性をバカにする


もういいだろ。 

一緒に喜び、苦しみ、笑い、泣く。 

この世に 時間の無駄 なんてものは存在しない。 
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-20 12:00

性 7

異性同士の関係には、嫉妬がつきものです。 

ぼくはやきもちと、嫉妬はなんだか違うような気がします。

神様もやきもちはやくから。 

嫉妬はいろんな方法で説明されるけど、一番簡単に、現実的に表現したら、

相手の幸せを願わない気持ち

だと思います。 

だれもが願うでしょう。 

森の中で伝説のポケモン、ミュウを見つけたら、ハイパーボールで捕まえてしまいたいって。 

もちろん、どこかにいってしまいそうな彼を、彼女を、そばにおいておく方法はたくさんあるでしょう。 

安心したくて、たくさんのものを犠牲にしてしまうでしょう。 

安心を求めることは、とっても素敵な事だと思います。 


結婚を安心のゴールにしてませんか。 

男は死ぬまで、女の人を乙女にし、

女は死ぬまで、綺麗になり続ける。 

結婚はもしかしたら、とっても見えにくいそんなアドベンチャーレースの始まりですね。 


セックスを安心の供給源にしていませんか。 

あの娘とはセックスしないけど、わたしとはしてくれるわ。ってそんな事で

本当にその嫉妬は満たされますか。 

この娘には、俺にしか見せないこんな姿がある。って

自分の檻の中に閉じ込めたペットを眺めていて、本当に喜べますか。 


神様は、ミュウをポケモンボールで捕まえようとはしなかった。 

野性に放たれ、おびえるミュウと、友達になろうとしたんだ。 

たくさんの人が自分を捕まえようとして、とってもこわいよね。 

たくさんの人が自分を捕まえて、他を見つけたからって捨てられて、

とっても悲しかったね。 

たくさんの人が自分を捕まえて、利用するだけ利用して捨てられて、

とっても荒んでいるよね。 

今だれかのおりの中にいれられてしまっている自分にあきらめていませんか。

もうそのおりに頼らないでください。 

それがやっと見つけた、自分の安心だと思わないでください。 

そのおりは、確かにあなたを外から守るかもしれません。 

でもそのあなたを捕まえている存在のやりたい放題になっちゃってないかな。

おりから出てみてください。 

迷ってください。 

1匹の羊が迷っていたら、必ず助けが来ます。 

そして愛を見つけたら、たくさんたくさんやきもちを焼いてください。 

でもあなたは、ミュウと友達になれるよ。  
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-19 15:05

性 6

みんなに怒ってるわけじゃない。 

そいつに怒ってるんだ。 

その嘘を言い続けるそいつに。 

あなたの素晴らしさを嘘で曲げるそいつに。

もちろん、そんなんじゃ心に平和が来ないよ。 

この怒りの中で、ピースをもてたきっかけは、

おれ以上に、あいをもっていかってる神様にきづいたから。 

まかせた!
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-18 16:40

自転車

今日念願の自転車を手に入れた! トニーおじちゃんがかってくれた。

このでっかいけつがのっかるサドルはアメリカにはないと思ってたけど、あったよ!

しかもふかふかだよ。 こんな大きな祝福は感謝しっぱなしだよ。 

さっそく名前をつけることにしたんだけど、

みんな満場一致で、 雄大 って名前にしたよ。 

たくさん乗ってこき使ってやろう!
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-17 14:15

性 5

ポルノは、

自分が女性を尊敬、尊重していない事を宣言し

マスターベーションは、

自分への尊敬と誇りを削りとる行為


ただのようで、みんなの払っている代価はだいぶ高いね。 
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-17 09:13

休憩

休憩って面白い字だよね。 

舌 と 自 と 心 

きっといろんな成り立ちとか、意味があるんだろうけど、

単純に、今の俺とみんなに必要なのは、

舌 と 自分 と 心 を

休ませて上げること。 

今なんか全然つかれてない。 

そういう時に休んどくのが、面倒くさがりの知恵だね。 
[PR]
by yfa15904 | 2009-04-16 14:25